意外と知らない?包丁の種類

包丁にはこんな種類が!

奥深い、様々な包丁!

今回のテーマは包丁なのですが、その包丁にも、歴史と進化が詰まっています。 日本での包丁の起源ってどんな感じだったの? 包丁に専門店があるって本当? オンラインでも受け付けてもらえる? こちらのページでは、包丁の起源と、包丁の専門店について記載させていただきます!

包丁の起源と包丁専門の小売店

料理をしよう!
となった場合に思い浮かぶ道具と言えば包丁。
お肉や野菜を切るための必需品ですよね!
そんな、普段使っている包丁ですが、実は様々な種類が存在します。
今回は、そんな様々な種類の包丁についてです!
 
まず、多くの家がいつも使っている包丁と言えば『和包丁』かと思われます。
和包丁というのは、日本で作られた包丁のことで、洋包丁と比較して刃の厚みが薄いのが特徴と思われます。

そんな包丁の種類には、様々な物が存在します。
魚を捌いたり、お肉を骨ごと切る際によく用いられている包丁、出刃包丁。
これは刃元が厚くて、刃が薄いのが特徴です。
刃が薄いものと言えば、お刺身で使われる柳葉包丁や、桂剥きなどの技術的なもので用いられる薄刃包丁等も存在します。

様々な種類を見てみる限り、日本では、魚食が多かったため、魚に特化した包丁も多いようです。
刃先が直線的で、フグを捌くことを専門とした、フグ引き包丁。
鰻を切るのにも適していて、場所によって形が違う、鰻裂き包丁。
江戸時代にも使用された特殊な形で、ドジョウやアナゴを切るために作られた、どじょう裂き包丁等が存在するようです。

そして、包丁の中にはどじょう裂き包丁のような特殊な形の包丁が存在します。
四角い刃で、肉や野菜など様々な物を切ることが出来る中華包丁。
垂直に立てやすい上に重量も重く、麺を切るのに向いている麺きり包丁。
イタリアで主に使われており、各端にハンドルが付いており、まるで半月のように湾曲した刃で構成された、通称、半月包丁(メッザルーナ)と言う物もあるようですね。

一口に括ってしまっては勿体無い程、沢山の種類がある包丁。
ここでは語りきれなかったものも沢山あるので、是非探してみてください!

その他、包丁にまつわる事柄については、別ページにて記載しています!

金額別に見る、包丁の種類

包丁について少し知れたところで、次は価格を比例した場合の包丁の種類についてです。 低価格の包丁ってどんな感じなの? 逆に、高価格な包丁にはどんなものがある? こちらのページでは、低額の包丁と高額な包丁のそれぞれの特徴について記載させていただきます!

国内と国外の包丁の種類

さて、価格の違いで包丁について知りましたが、次は世界に目を向けてみましょう。 日本が起源の包丁ってどんなものがあるの? 世界にはどんな包丁があるの? それぞれにどんな特徴がある? こちらのページでは、日本の包丁の種類と、海外の包丁の種類について記載させていただきます!

TOPへ戻る