包丁にはこんな種類が!

>

金額別に見る、包丁の種類

低額な包丁

さて、包丁には様々な種類が存在しますが、低価格な包丁とはどのようなものなのでしょうか?

そもそも、包丁のオススメな平均価格帯というのが、4千円~1万円となっています。
包丁は長い間ずっと使えるものですから、そのような価格がおすすめされているとのこと。
しかし、それを下回る低額な包丁は勿論存在します。
最安値の包丁を少し調べてみると、なんと1000円と買い求めがしやすいものが!
とある安価な包丁の商品レビューなどを少し見てみると『安価であっても、スパッと切れる』という物も沢山ありました。
なので、安価であっても多くの包丁は、使う分には問題はありません。
しかし、低評価の物を見てみると錆やすい、刃こぼれがしやすい、他と比べて切れ味が悪いと言うものもあるようです。

包丁を安価なものであろうが高価なものであろうが、購入するのは、使用者の自由です。

高額な包丁

別ページにて、低額な包丁について記載しましたが、逆に高額な包丁はどのような物があるのでしょうか?

そもそも、高額な包丁と言われて実感がわかないので様々なものを調べてみたのですが、どれもこれも写真でわかる『独自性のある品』だとわかりました。
まず、10万円以上の価格の和包丁を見てみたのですが、まるで刀のような波紋が彩られ、鏡のように美しく照っている写真が表示されました。
次に、これよりは少し低価格な5万円の包丁を見てみました。
それは、海外で作られた輸入の洋包丁で、刃の模様がまるで迷路のように、全体にデザインされているのです。
レビューや使用している動画を見てみる限りは、やはり切れ味も素晴らしい物のようです。

ですが、やはり包丁の本当の切れ味やさわり心地は、実感しなければわからないので、こればかりは買ってみないとわかりませんね。


TOPへ戻る