包丁にはこんな種類が!

>

国内と国外の包丁の種類

日本の包丁

さて、日本の包丁にはどのような種類があるのでしょう?

まず、日本の包丁と言えば、スタンダードな和包丁が一般的。
その他の種類の中には、様々な用途で使われるものが沢山あります。
魚を卸す際や、肉を骨ごと切る場合に使用される、刃元が厚くて大きめな出刃包丁。
お刺身などで使われる、組織の細胞をなるべく壊さないように作られた、長めの柳刃包丁。
野菜の面取りや、茎のくりぬき、みじん切りなどをすることに向いている、両刃の菜切り包丁。
等と言った主な種類の他にも、特殊な包丁が存在します。
巻き寿司や押し寿司を切るのに向いている、刃先が丸いすし切り包丁。
ハモやアイナメ等の小骨の多い魚を切るのに向いている、片刃の重い骨切り包丁。
調理するには免許のいるフグを捌くため、刺身にするためを専門とした、刺身包丁と違って端の厚みが薄いフグ引き包丁。
等々、日本にも様々な包丁が存在するようですね!

海外の包丁

さて、海外にはどんな包丁があるのでしょうか?

まず、世界で一番メジャーで特殊な包丁を考えると、やはり中華包丁が思い浮かびます。
中華包丁とは、中国で主に使われており、刃全体が四角くて大きく、骨のついた肉でも、カボチャなどの大きな野菜でも、なんでも切れる万能品です!
洋包丁の中には、ペティナイフと呼ばれるとても小さな包丁もあります。
ペティナイフは、主に野菜の面取りや皮剥き等で使用するのが、主となっています。
小さい包丁であるからこそ、ミニトマトやアスパラと言った小さな野菜を綺麗に切れるようです!
そして、肉を捌くのに使用される、牛刀と呼ばれるものも在るようです。
牛刀は海外のブランドが製作している物や、ダマスカス鋼と言った特殊なもので作られているものもあるようですね。

日本にも流通している、世界の包丁、なかなか奥が深いですね。


TOPへ戻る